TUBE缶 秋山は反則行為で失格、秋山vs桜庭はノーコンテストに=Dynamite!!動画あり

HEADLINE
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜庭vs秋山 桜庭試合中に桜庭が「(秋山の足が)滑る!」
と何度も抗議、 秋山がオイル類を足に塗っていたとの疑惑が掛けられ、 その後はグローブが左右同じものではなかった(右手側にスポンサーのロゴが入っていなかった)、 グローブの大きさが違うなどファンからも次々と疑惑が浮上した。
【桜庭vs秋山 桜庭字幕入り 改訂版】は続きからどうぞ







        試合後には桜庭サイドから正式な文書で異議申し立てがあり、 レフェリー・ジャッジを含めてのミーティング調査が行われ、この日の発表となったもの。


K-1などを主催するFEGは11日、都内ホテルで記者会見を開き、12月31日、京セラドーム大阪「Dynamite!!」での秋山成勲vs桜庭和志の裁定に関する結果報告を行った。
桜庭より後日、書面による正式な抗議、再検討の要請を受け、審判団による徹底検証を行った結果、次の結論が下された。


1.グローブ疑惑 グローブ、バンテージとも問題はなかったが、ウォーミングアップ時にロゴ部分がはがれた(映像により確認)ことが事前のチェックで見逃されたために、混乱を生じる結果となった。

2.オイル疑惑 ワセリン、タイオイル等の塗布はなかったが、秋山は全身にスキンクリームを塗っていた。

これは「ワセリン、タイオイルは認められないが、クリームはOKだと思っていた」という秋山の認識不足によるもの。検証、事情聴取の結果、(カメラの前で堂々と塗っていたことなどから)悪意ではなく過失と判断。  以上により、HERO’S審判団は以下の処分を決定。


 1.秋山vs桜庭戦はノーコンテストとする。

2.反則行為を犯した秋山成勲を「失格」とし、ファイトマネーを全没収する。


 またプロモーターサイドからはグローブチェック、ボディチェックを見過ごした審判員、桜庭のアピールに対応しなかった審判員(サブレフェリー)にそれぞれギャランティの50%を没収。
また、グローブ、ボディチェック両面でミスがあった審判員1名は6ヵ月間の職務停止処分。
さらにHERO’S審判団全員に厳重注意、という処分が下された なお、試合ストップのタイミングに関して梅木良則レフェリーに過失はないことが検討の結果、判断された。


 ここまで発表されたところで秋山本人が姿を見せ、今回の件について謝罪。
「何の弁明の余地もありません。
桜庭選手、申し訳ありませんでした。
どんな処分も受けるつもりでいました」と頭を下げた。
また桜庭に対しては謝罪の意を表明した上で、「笑ってまたリング上で向かい合うことができたら」
と話した。 

さらに桜庭からのコメントも発表された。
裁定に関しては「こちらは正々堂々と試合に臨んでいるのに、このような結果になったことに対しての今回の処分内容に関しては納得しておりません」、秋山に対しては「イベント関係者、清原選手、一緒に入場した子どもたち、ファンの方に対して、謝って済む問題ではないけれど、謝ってほしい。
クはリングに立つときは正々堂々とやりたい。
ただそれだけです」
というものだった。





      桜庭vs秋山 桜庭字幕入り 改訂版


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tubecan.blog90.fc2.com/tb.php/18-1ca5b377
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。