TUBE缶 朝青龍の八百長疑惑 YouTUbe動画

HEADLINE
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝青龍の八百長動画 YOUTUBE 朝青龍の八百長疑惑 

週刊誌が朝青龍八百長告発記事を発表。22日発売の週刊誌に「横綱 朝青龍の八百長を告発する!」と題された記事が掲載されることが明らかに。朝青龍が全勝した昨年11月の九州場所を検証して、15番中ガチンコ(真剣勝負)が四番しかない八百長相撲だと指摘しているものです

八百長記事に関し、北の湖理事長(元横綱)は「まだ何も分からない。コメントできないよ」と困惑の様子。朝青龍の師匠・高砂広報部長(元大関・朝潮)も「答えようがない。そういうことはないと思っている」と疑惑を否定した。また記事中で八百長の仲介役とされる旭天山の師匠・大島親方(元大関・旭国)は「誤解を招くようなことはすべきでない」と激怒し、旭天山を直接注意した。朝青龍周辺の関係者の話では、相撲協会は22日の発売を待ち、八百長疑惑記事の状況を確認した上で法的措置を検討するということです。【スポニチ】






        

相撲の八百長


大相撲の八百長は完全にシステム化されており、大きく分けて星の「買取」と「貸し借り」のニつに分けられるという。買取は常に好成績を求められる横綱・大関などが地位を守る為に使用。貸し借りは三役以下の平幕力士同士が勝越しを狙ったり、十両に落ちない為の手段として使われるという。横綱・大関の買取は70万?100万円が相場、貸し借りは先に対戦相手に頼むほうが40万円を支払うらしい。横綱大関同士の優勝が懸かった大一番や、大関、横綱昇進の懸かった取組ではもっと相場が高くなる(200万?300万)こともあるとか。親方が所属力士の為に八百長工作に動く場合も。八百長の代金の清算は場所後の巡業などで付け人が関取の意をうけて行うらしい


朝青龍プロフィール


朝青龍という四股名は、出身校である明徳義塾高等学校の近くにある四国霊場36番札所青龍寺にちなみ、下の明徳の名は同校にちなんで名づけられたようです。
朝青龍は横綱昇進後に完全に悪役となっていて、某週刊誌に「女性が嫌いなスポーツ選手」で堂々の1位に輝いたこともある。これは朝青龍が旭鷲山戦で見せた醜態等彼の土俵態度が影響していると見られています。


      


 
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tubecan.blog90.fc2.com/tb.php/46-267f6dcb
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。